条件の良い更地の不動産物件は少ない

一戸建ての不動産物件の購入を検討する多くの人が、まずは土地から手に入れようと考えます。建物は時間をかけて考えるにしても、まずは土地を手に入れなければ前に進みません。手に入れる土地によって、建物の条件が多少左右されますので、まずは土地を手に入れる、という考え方は間違ってはいません。 しかしいざ土地を探し始めてみると、条件の良い更地はなかなか見つからないことが分かります。条件の良い更地は、先に建売業者等が買ってしまいますので、一般の人が手に入れるのは困難です。仮に良い土地が見つかったとしても、今度は資金の問題があります。建物の計画ができていない土地の購入に住宅ローンは使えないため、自己資金か金利の高いローンを利用しなければならないからです。資金が充分にあるなら問題ありませんが、そうでなければその時点で諦める人も多いです。 しかしどうしても注文住宅の不動産物件を諦めきれず、条件の悪い土地を購入する人もいます。例えば田んぼを造成した土地などは、安くで手に入れられる可能性がありますが、地盤改良や杭打ち等で結局は高くつくことが少なくありません。田んぼを造成した土地は、地盤が軟弱であることは容易に想像できます。少なくとも地盤調査は不可欠です。

Copyright ©All rights reserved.同じ大きさでも見え方が違う不動産物件.